現在ページ:ホーム > 最新ニュース

● 最新ニュース

 

 

 

 

 



発表日:
2013-07-04
夏でも滑れるプラスチック製スケートリンク

スケートリンクと言えば、氷でできたリンクが当たり前で、転ぶと冷たいと思っていませんか? ところが、最近はプラスチックでできたスケートリンクが各地に出現しています。
静岡県御殿場のリゾート施設「時の栖(すみか)」にあるスワンレイクスケート場は、スペインで開発された「エクストラアイス」を用いた30m×60mのプラスチックスケートリンクで、2008年に常設リンクとしてオープンしました。
「エクストラアイス」は、長さ1.966m×幅0.966m×厚さ20mm、重さ約38kgのプラスチックパネルです。専用の滑走ワックスを塗ると、本物の氷に近い滑りが可能で、スピードスケート、アイスホッケーに使用でき、パネルの枚数により、アイスホッケーのハンドリング練習などとしても使えます。本製品を使ったリンクは、スペインのほかスゥエーデン、ギリシャ、アラブ首長国連邦など世界各国にあり、日本では三菱樹脂の子会社、株式会社アストロが販売しています。
一方、アメリカ、グローバル・シンセテック・アイス社製のポリエチレン系プラスチックパネル「スーパーグライド」を輸入しているのは、伊藤忠建材です。アメリカでは25年以上前からアイスホッケーの練習用に使用されてきたもので、液体ワックスを噴霧して、専用のスケート靴で滑ります。
このパネルを使ったのが、名古屋市の複合施設オアシス21で、2009年11月~2010年2月まで、「トヨタホームリンク」です。期間限定でしたが、子どもたちの人気を集めました。また、富山市のグランドプラザにも、街中で気軽にスケートが楽しめる名所として、このパネルを使用した「エコリンク」が冬になると登場します。2012年1月には、1万人目の入場者に記念品が手渡されました。
プラスチックのスケートリンクは、氷のリンクと比べ、氷を冷やす電力が不要で、維持費を削減でき、他の施設との共用もしやすいことから、今後も注目を集めそうです。

Source: Plastics Waste Management Institute

 
Copyright © PLASTICS INDUSTRY DEVELOPMENT CENTER All Rights Reserved. 財團法人塑膠工業技術發展中心版權所有│地址:台中市工業區38路193號
TEL:(04)2359-5900 分機301 │ FAX:(04)2350-7998│E–mail: qes@pidc.org.tw│Design by i-totem design studio 艾圖特設計視悟所設計維護